理学博士 (ETH チューリヒ), 工学修士(航空・宇宙)  

ティモ・シュヴァンブ  

パートナー
tschwamb@merh-ip.com  

ティモ・シュヴァンブは、欧州特許庁(EPO)ならびに欧州連合知的財産庁(EUIPO)の登録代理人です。

シュヴァンブは2016年にMERH-IPのマネージング・パートナーになりました。2009年の事務所に入った当時は弁理士候補生として、資格取得後は弊所のアソシエートとして働きました。

実務では、あらゆる種類の知的財産に関わる出願書類の作成と登録までの手続きを行っています。特許関連では、電気工学、機械工学、特に、機械工学と設備工学、自動車工学、エネルギーシステム、熱力学、航空工学、交通工学、及びマイクロ・ナノ技術に関わる最先端技術を含む分野を主な専門分野として取り扱っています。

また、異議申立て、無効審判、侵害訴訟及び商標と意匠の案件でコンサルティングと代理業務を行っております。

シュヴァンブは、ミュンヘン工科大学にて航空宇宙工学を修了しました。ここで、流体・熱力学ならびに軽量構造の分野において幅広い知識を習得しました。この間、燃焼に関わる研究プロジェクト、無人スペースシャトルの非常時アルゴリズムと太陽光脱塩装置の開発にも従事しました。また、仏トゥールーズのエアバスのA380 プロジェクトにも携わりました。

スイス連邦チューリヒ工科大学における微小系の熱力学の分野の研究、特にナノ技術の研究で博士号を授与されました。

博士研究の後、学術研究員として新テクノロジー研究における熱力学研究室で、熱駆動型電気機械式マイクロプリントヘッドとナノ粒子流体の分野の研究を行い、熱力学とマイクロ・ナノ技術へのエネルギー転換の講義を受け持ちました。