ファビアン・タナルスキー  

パテント・プロフェッショナル

ftanalski@merh-ip.com  

ファビアン・タナルスキーは、技術エキスパートで、欧州弁理士としての資格取得の準備をしています。

デュイスブルク=エッセン大学で物理を学び、過度のメタン放出による気候の変動を取り扱って修士号論文を書き上げています。これをタナルスキーはオーバープファッフェンホーフェンのドイツ航空センター(DLR)で気候化学モデルEMACを用いて書きました。気候の研究とシミュレーションで経験を積んでいます。学士号論文では、デュイスブルク=エッセン大学のナノエネルギー技術センター(NETZ)で薄膜の特性付けとプレパレーションを取扱いました。また、ミュンヘン大学付属医療センター眼科で学生アシスタントとして、データベース管理・統計でのスキルの幅を拡げました。

修士号論文を終了させてすぐMERH-IPにおける特許エンジニアとして仕事を始め、光学・ソフトウェア・半導体・ナノ技術・応用物理で経験を積んできています。