理学博士, 修士(物理学専攻)
 

ビョルン・ドゥーリング  

パートナー
bduling@merh-ip.com  

ビョルン・ドゥーリングは、現在、ドイツ・欧州弁理士候補生としてMERH-IPに勤めています。

ビョルン・ドゥーリングは、主に、情報・コミュニケーション技術、測定技術、自動化、制御システム、家庭用電化製品、プリンター、医療技術、メカトロニクスの分野におけるドイツ・欧州特許出願書類を作成しています。また、無効審判や特許侵害問題の関連で、法的・技術的な観点よりアドバイスも行っています。

ビョルン・ドゥーリングは、ミュンヘン工科大学の物理学で修士号を、素粒子物理学の専門分野で博士号を取得しました。弁理士のキャリアを選択する前は、ミュンヘン工科大学で学術研究員として従事し、高エネルギー状態における素粒子の動きを研究しておりました。この間、国際研究プロジェクトに参加し、特に、K 中間子とB中間子の物理実験関連におけるコンピュータシミュレーションで経験を積んできました。